私の漢方体験談Experience

30代:男性

男性不妊を乗り越えて妊娠できました!(栃木県宇都宮市)

30代 ご夫婦 栃木県宇都宮市

 

夫婦ともども30代半ばです。主人とは結婚する前におよそ2年間付き合っていましたが、その時はまさか主人が原因で不妊に悩むとは思いもしませんでした。(と言うと、ちょっと主人がかわいそうですが((+_+)))。というのも、性生活も特別問題がなかったですし、当然射精も出来ていました。本当に何一つ問題がなかったです。

結婚してタイミングをしていましたが、1年たっても妊娠に至りませんでした。なんとなく不安になり、病院に行って検査してもらいました。すると血液検査は問題なし!卵管も少し狭かったけどちゃんと通っている!先生も『まったく問題ない』とのことでした。そんなわけでまたタイミングをしていたのですが、それから3か月たっても妊娠しませんでした。妊娠しないのも不安でしたが、それよりも原因が分からないというのが何よりの不安でした。そんな時に『そういえば私、冷え症だったよなぁ。』と思い、漢方薬を試してみようと天明堂薬局に行ったのがきっかけでした。

中山先生のお話で分かったことは、血流が悪いこと、でした。しかし、基礎体温もそこまで問題がなく漢方的にもさほど妊娠に悪影響が出るようなことがないと言われました。私はとりあえず婦宝当帰膠と冠元顆粒を服用しました。服用してみたところ、生理痛がとても楽になって、経血もサラサラになりました。思った以上に早く効果が出たので嬉しかったのですが、それでも陽性反応が出ません。そんなとき『まさかダンナに問題があるのでは…』と思うようになったんです。主人に『病院の先生にも漢方の先生にも私は問題ないって言われたんだけど…』というと、彼は察したのか『えっ、でも俺ふつうに射精できてるじゃん』と言うのです。そういわれると私も「そうだよね~なんでなんだろう…」としか言えませんでした。なんともいえない微妙な空気が流れていました。

そんな時期に中山先生に会いに行くときに主人と一緒に行きました。先生から「射精ができるからといって、それでお役御免というわけではない。精子がちゃんと泳げているか、精子が元気かどうかは検査しないと分からない。ぜひご主人様も検査してみてください」というようなアドバイスをされ、ようやく改心したのか病院で精液検査を受けることを決めてくれました。検査結果は具体的には忘れてしまいましたが、とにかく精子の数がかなり少なく運動率も相当悪い、というものでした。主人は笑っていましたが、かなりガックリきていました。

病院からも漢方薬を処方されたのですが、主人が中山先生に相談して決めたいということだったので主人も漢方相談することになりました。先生の言う、勢力が弱くなりがちな生活習慣をフルに行っていたことにびっくり(笑)タバコや運動不足、辛い物の食べ過ぎ、肥満、ストレス、飲酒…とにかく考えを改める必要がありました。でも主人的にはどうすればよくなるのか、その道を示されたことが心強かったようで喜んでいました。主人は海精宝を服用することになりました。それと先生からの強い勧めもありスポーツクラブに入会することにしました。海精宝を服用して4か月がたったころ、人工授精をすることになり再度、主人の精液検査をしてみたところ精子数が800万匹、運動率も58%まで上昇していました!病院の先生も驚いていました。

人工授精に切り替えて、2回目で陽性反応が出ました。結局、タイミングで子供を作ろうとしてから2年近くはかかったんですが、体外受精に行かないで辛抱強くやってみてよかったと思っています。正直、体外受精をやるのは私自身が抵抗あったので、本当にホッとしています。主人も先生との筋トレトークに花が咲くようになり、随分とスマートになりました。ストレスも発散できているようで見ている私も嬉しいです。今は婦宝当帰膠のみを朝晩と服用しています。時々つわりで服用がしんどいときは思い切って飲まないようにしています。とにかく理由が分からずなんで?なんで?で落ち込んでいた日々から、具体的にこういう風に生活をしていこうと道を示してくれたことが本当に助かりました。先生の月1のDMもとても面白いです。今後も出産に向けてよろしくお願いします。