貴央先生の漢方ブログBLOG

過度な水分摂取による食欲不振にお勧めの漢方薬膳食材

こんにちわ、宇都宮市天明堂薬局の中山です。

 

暑くなると水分補給する機会が増えますね。

適度な水分補給はもちろん大切ですが、中には過度な水分補給から食欲の低下を招いている人もいます。

 

漢方の世界では消化吸収の中心である『脾』は過剰な水分に弱いと考えられます。

過剰な水分により脾が弱くなり、食べ物から気血を生成する力が低下し、結果、倦怠感や体力の低下を招く、これが夏バテの最たる原因です。

 

脾の弱りから夏バテを防ぐためにも、体の過剰な水分による胃腸障害は防ぐ必要があります。

 

過剰な水分が体に悪影響を及ぼすことを、『湿邪』と呼びます。

 

湿邪を取り除くためにお勧めの漢方食材には以下のようなものがあります。

・白菜 ・ネギ ・もやし ・豆腐 ・ゴボウ ・枝豆 ・大豆 ・ナス

・トウモロコシ ・わかめ ・昆布 ・生姜 ・紫蘇 ・ハトムギ

 

夏場に、枝豆を食べることは過剰な水分により胃腸障害に良いですし、

薬味としてネギや生姜を使うのも理にかなっています。

 

おやつにトウモロコシを茹でたものも美味しいですし、焼きナスも良いですね!

 

漢方薬では健脾散や勝湿顆粒などが利用されることが多いです。

 

夏は始まったばかりです。

水分をとることも大切ですが、不要な水分を排出することも大切な養生です。

 

ぜひ、上記の食材を上手に摂ってくださいね!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter