貴央先生の漢方ブログBLOG

パソコンやスマホによる目の疲れにお勧めの漢方薬膳食材

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

仕事やプライベートでどうしても見る時間が長くなるパソコンやスマホ。

 

それによる眼精疲労は国民病ともいえるのではないでしょうか?

 

漢方や中医学には『肝は目に竅を開ける』という言葉があり、肝の疲労と眼精疲労はとても深い関係があると考えます。

 

そのため、漢方薬膳的に眼精疲労にアプローチする場合は、肝の働きを良くする食材を食べることを勧めます。

 

肝の働きを良くする食材には

・クコの実 ・トマト ・菊花 ・シジミ ・アサリ ・イカ ・ニラ ・アスパラガス ・グレープフルーツ

・ブドウ ・鯵 ・鱈 ・鰻 ・レモン ・昆布 ・ミカン ・梅

などがあります。

 

特に菊花とクコの実は杞菊地黄丸の配合処方にもなっており、肝のケアにはとてもお勧めです。

 

クコの実は近年、ゴジベリーとしてアンチエイジングや美容の分野でも注目を浴びているので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

クコの実と菊花を煎じて飲むのもとてもお勧めです。

 

私が中国は北京にて足つぼマッサージを受けた時も、菊花とクコの実のお茶をいただきました。

さらには小さなミカンのような果実もいただきました。

 

この点からも肝のケアに意識が高いことがうかがえます。

 

眼精疲労は肝の疲労かもしれません。

 

肝に良い漢方薬膳食材を意識して食べていきたいですね。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter