貴央先生の漢方ブログBLOG

生理痛に対する漢方薬膳食養生はタイプに応じて考えよう

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

今日は生理痛に対する漢方薬膳食材の紹介です。

 

生理痛は人によっては日常生活が困難になるほどの激痛をもたらします。

鎮痛剤による対処が一般的ではありますが、漢方や中医学では生理痛の原因を考えることで、

痛みを起こさない方法があります。

漢方薬を用いることが一番効果的ではありますが、今回は日常の食生活から生理痛対策を考えたいと思います。

 

そもそも生理痛には大きく分けて2パターンあります。

①血液循環が悪い状態がもたらす生理痛

②気や血が不足することによる生理痛

です。

 

①血液循環が悪い状態がもたらす生理痛

漢方や中医学において血液循環が悪い状態を瘀血と呼びます。

瘀血状態による生理痛の特徴は経血がドロッと固まりやすく、色が黒っぽくなりがちで、比較的強い痛みになる事です。

瘀血状態の人は血行不良であるため、ほかにも頭痛や肩こり、顔色や唇の色が暗いなどの特徴も見られます。

 

この状態の人は瘀血を改善する食材を意識的に食べると良いでしょう。

瘀血を改善することが期待される食材には以下のようなものがあります。

・鰯 ・秋刀魚 ・鯵 ・ニラ ・ネギ ・玉葱 ・わかめ ・紅花 ・サクランボ ・ナス

 

瘀血体質は血行不良のため、入浴や運動、十分な睡眠も大切です。

それでも改善が見られない場合は血行を改善する漢方薬を試してみましょう。

 

②気や血が不足することによる生理痛

気や血が不足している状態を気虚、血虚と呼び、その両方がみられる状態を気血両虚と呼びます。

気血両虚による生理痛の特徴は生理中に倦怠感や疲労感、脱力感、無気力感を伴い、激しい痛みというよりも重い感じの痛みが起きる事です。

気血両虚の人はエネルギーも栄養も不足しているため、日頃から疲労感や倦怠感が目立ちます。

毎月生理で出血しているにもかかわらず、ダイエットのためと十分な食事をとらないと気血両虚を起こしやすくなります。

気血両虚による生理痛がみられる場合はダイエットは一時的に休むようにしましょう。

 

気血が不足している人は気血を補う食材を食べると良いでしょう。

気を補う食材には以下のようなものがあります。

・米 ・小麦 ・卵 ・肉類全般 ・鯵 ・鰯 ・鰹 ・鯖 ・秋刀魚 ・鰻 ・鮭

・サトイモ ・山芋 ・サツマイモ ・ジャガイモ ・ニンジン ・椎茸 ・舞茸

以上のように、魚類、肉類、芋類、米類は気を補う傾向にあります。

 

血を補う食材には以下のようなものがあります。

・ほうれん草 ・ひじき ・肉類 ・卵 ・ブドウ ・イチゴ ・サクランボ ・桃 ・ライチ

・梅 ・ニンジン ・小松菜 ・赤身のある魚 ・クコ ・棗 ・当帰 ・シジミ ・牡蠣

・ゴマ

以上のように、肉類、赤身のある魚は気血を補う事から意識的に食べたい食材です。

 

気血両虚の人は過剰な気血の消耗も防ぐ必要があります。

睡眠時間を十分に確保し、疲労を感じた時は積極的に休息をとりましょう。

 

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter