私の漢方体験談Experience

30代:女性

漢方体験談 2年間の不妊治療が実を結びました!(栃木県矢板市)

30代女性 栃木県矢板市

 

私の一番の悩みは主人の年齢でした。結婚した当時、私は30代後半、そして主人は20代後半でした。その当時は生理もまだちゃんと来ていたし、自分に限って不妊症で悩むとは夢にも思いませんでした。結婚当時は若いパートナーを得たことを友達からうらやましがられていて、いい気になってましたが、なかなか子供ができないことによって、『わたしのせいで彼に子供ができないかもしれない』という恐怖を感じるようになって、少し鬱のような感じにもなりました。彼が『もっと若い人と結婚していたら子供がいたかも』なんて思っているのではないかと疑心暗鬼になり、そのせいで彼の実家に伺うのも心苦しくなり、仕事がせめてもの逃げ道だったのですが、仕事でしか自分の苦しみを軽くできないことがかえって苛立ちになりました。

病院へは子作りを始めてから1年後に行くようになりました。血液検査の結果、エストロゲンもプロゲステロンの値も低くかったのですが、卵管などには問題はありませんでした。ですが、年齢のこともあって先生からはすぐに体外受精を勧められました。なんだか、あれよあれよと自分の気持ちが追いつかないうちに話が進んでしまって、家に帰ってネットで体外受精のことを調べたのですが、なんだか怖いような気がしてしまいました。

先生は、子供がほしいなら体外受精が当たり前、みたいな雰囲気で煮え切らない私にいら立ちさえ感じているようでした。そして私も自分に『ホントに子供がほしいの?ほしいなら何でやらないの?』と自問してしまいました。子供はほしいけど、体外受精はやりたくない…そんな子供みたいなわがままを言う自分に子供を授かる資格はあるのか…、悩む毎日が続きました。そんな姿を見かねて主人が『俺が何があっても絶対にバックアップするから勇気をだしてごらん』と言ってくれました。主人のおかげで体外受精にチャレンジする決心をつけました。

しかし、やはり体外受精は私には荷が重く、薬による吐き気や頭重感、熱感に悩まされました。みんな悩んでいることなんだから我慢しなくてはいけないのに、ホントにつらかったです。何度チャレンジしても成功せず、いたずらに1年が過ぎてしまいました。1年頑張ってもできない…、もう絶望でした。

そんなときに友人から天明堂薬局を紹介してもらいました。その友人はなかなか子供ができない時期があったけど病院にはいかず、漢方で何とかしたいと思い、天明堂薬局に通ったそうです。子供もできたし体調も良くなったし、いろいろ悩みも聞いてもらえるからホントに良かったと言っていて、私に勧めてくれました。後日、一緒に付き添ってくれました。

漢方薬局は初めてだったので不安だったのですが、友人の言うように先生がとても爽やかで笑顔が素敵で話しやすかったので、すぐにお店になじめました。今になっておもうと、先生は私とどうすれば妊娠できるかを一緒に考えてくれる、そんな雰囲気だと思います。そういう姿勢は不妊で悩んでいる人にとってはホントに心の救いになります。

私はまず、婦宝当帰膠と冠元顆粒、そして生姜の粉末の3点からスタートしました。それが2カ月続き、生理のときの出血に塊が出なくなってきたくらいから、参茸補血丸と婦宝当帰膠と生姜の粉末の3点に変わりました。基礎体温も高温期がとても安定してきて、なにより体の冷えがとれてきたのが実感できました。食欲もわいてきて、表情も良くなってきて、主人も喜んでくれました。不思議なもので体調が良くなると自信もついてきて、気持ちも鬱っぽさが取れてきて、病院の治療にも前向きになれました。あいかわらず病院では流れ作業のような治療でしたが、気になったこと悩んでいることは先生が聞いてくれたので、前みたいに自分ひとりで悩んでいる感じはなかったです。

文章が長くなってしまいましたが、天明堂薬局に通い始めて約1年後の体外受精で妊娠できました。安定期に入り、ようやくお互いの両親に報告すると、みんな涙しながらおめでとう、と言ってくれて家族の距離がまたひとつ縮まったような気がしました。今までの苦労の分、本当に幸せな気持ちです。

妊娠してみて一つ言えることは、この妊娠は私一人では絶対に無理だったと思います。主人の支え、そしてなにより先生が私の悩みや相談をいつも時間ぎりぎりまで聞いてくれたからです。薬を売るだけのお店はいっぱいあるけど、先生みたいにお客様に寄り添ってくれる人は少ないと思います。先生もお体をご自愛して、お仕事がんばってください。また、お伺いしたいと思います。

※個人情報や病院名は削除させていただきました。ご了承ください。