貴央先生の漢方ブログBLOG

妊活もしたいけど仕事が忙しくて、気力も体力も落ち気味…

突然ですが、皆さん…お元気ですか?

「とても元気です!」という方は少ないかもしれませんね。

 

当店は妊活を目的としてご来店されるお客様が多いのですが、お話を聞いていると、疲れている人がとても多いです。

疲れと一口に言っても精神的に疲れている人や、肉体的に疲れている人など様々です。

『気力も体力も落ちているのに、妊活も頑張らなきゃ…』そんなお客様が本当に多いです。

中医学的にこの問題を考えるには「気」と「血」を充実させる事がとても大切です。

気と血が不足した状態を気血両虚(きけつりょうきょ)と呼び、妊活の大きな妨げになる場合もあると考えられます。

 

中医学的妊活において気と血はとても重要です。

そもそも気とはなんでしょうか?

気とは簡単にイメージするなら心や体を巡るエネルギーのようなものです。

「気」という漢字がつく言葉を挙げるとイメージがしやすいと思います。

例えば「気持ち」「気配り」「気が張る」「気力」「気分」などがありますね。

つまり気が足りない人は「気持ちが弱い」「気配りができない」「気が張らない」「気力がわかない」「気分が良くない」という状態になります。

妊活においても気は卵胞を育てる力に大きく影響を与えます。

肉体的にも精神的にも疲れが溜まっていると、妊活に悪影響になる場合もあります。

 

「血(けつ)」は簡単にイメージするなら体全体の栄養と思っていただいてよいかと思います。

「血」は血管の中を流れて全身に栄養を運搬していきます。肌も爪も髪の毛も「血」が運んでくる栄養をもとに作られると考えられています。

「血」が不足もしくは「血」の働きが良くない状態を血虚(けっきょ)と呼び、血虚の状態になっている人は肌荒れがしやすく、髪が細いまたはパサつく、冷え症などの症状が表れやすくなります。

中医学においては質の良い卵子を育てるには質の良い「血」が十分に卵巣に流れ込むことが重要と考えられています。

つまり「気」は卵胞を元気に育てる力に関係し、「血」は卵子の質に関係するものと考えらえるのです。

 

しかし、残念ながら気と血が充実しているお客様はほんのわずかです。

精神的にも肉体的にもハードな仕事や、睡眠時間の低下、喫煙率の上昇、無理なダイエット、食生活の乱れなどが目立ち生殖機能を養うだけの十分な気血が足りてない女性がとても多いのです。

せっかく病院で高度な治療を受けていても女性としての根本的な体質が乱れていては、良い結果も出にくいと考えられます。

「気」と「血」を充実させていくことが妊活においてとても大切なことです。

 

「気」と「血」を補うには十分な睡眠、適度な運動、バランスの良い食事が不可欠です。

しかし、自分の体質に合った養生が分からない人も多いと思いますし、実行するのは事難しいと思います。

そんなお客様に漢方薬を取り入れた生活を試していただきたいと思っています。

漢方薬はお客様にとって足りない部分は補い、余分なものは外に出すことで体調を整えていきます。

素晴らしい妊活のためにもまずは気血を充実させ快活で元気な心と体を作っていきましょう!

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter