貴央先生の漢方ブログBLOG

モテる人は良く寝ている…かも??

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日はモテる人と睡眠の関係性についての面白い実験結果について。

あなたの周りに「やたらとモテる人」はいませんか?

もちろんモテる要素にはいろいろなものがあります。

外見的な要素、性格的な要素、社会的な要素などが主に挙げられますが、もしそれらの要素の中に「良く寝ている」というものがあるとすれば、なかなか面白いとは思いませんか?

 

ストックホルム大学では実に面白い実験が行われました。

18歳~31歳までの男女を集め、1枚は8時間睡眠後に写真撮影し、もう1枚は5時間睡眠後に写真撮影をしました。そして別グループに協力してもらい、その2枚を並べて印象を調査する、というものです。

もちろん別グループは「どっちが何時間寝たか?」「何のための研究か?」など情報は一切与えられていません。

 

実験結果は5時間睡眠の写真は8時間睡眠の写真の印象と比べて、「疲れを感じる」「健康状態が悪そう」「魅力を感じない」と判定されたのです。

 

これは睡眠時間が減れば減るほど性ホルモンが低下する事とも密接に関係しています。

男性であれば睡眠が不足すると男性ホルモンが低下し、男性らしさが低下し、女性もまた睡眠が不足すると女性ホルモンが低下し、女性らしさが低下します。

 

モテるためには「第一印象が良くない」というのはかなりデメリットであり、その他の要素が満たされても第一印象ではじかれてしまう可能性が高まります。

 

モテるためにも良く寝る、と言えそうですね。

これから気温もグッと上がり、睡眠の質も低下していく可能性があります。

「最近疲れているように見えるよ」

そんなことを言われたら、今一度睡眠を見直してくださいね。

睡眠改善に漢方薬をぜひお試しください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter