貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方的生活養生:春は『前向きな気持ち』と『イライラ』が混ざり合う季節

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

薬局から見える外の日差しも春らしい温かみを感じがします。

 

まさに「春の陽気」ですね。

 

陽気は人を活発にする、興奮させる、前向きにさせるなどの効果があります。

 

しかし、陽気の困った点は頭に陽気がたまりすぎると、イライラする、怒りやすくなる、集中力がない、不眠になる、などの症状も引き起こしがちです。

 

つまり、活発に前向きにはつらつと生活することと、イライラ怒りっぽく興奮してしまう生活は隣り合わせにあると言えますね。

 

陽気を過剰に溜め込みすぎない方法はとても簡単です。

それは、ため込まないように発散することです。

 

発散方法は

①運動する

②会話をする

この2点が最も簡単で、すぐにでも出来る方法です。

 

それが難しいような場合はストレスを発散させるような漢方薬などを試してみても良いかもしれませんね!(^^)!

 

何かが始まるようなワクワクした春にしていきましょう!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter