貴央先生の漢方ブログBLOG

急な気温上昇『息苦しさ』にご注意

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

曇りや雨の予報が目立つ今週において、今日は貴重な晴れになるようです。

気温も上昇し、まさに陽気な一日となるのですが、このような急な陽気には気をつけなくてはならない点もあります。

それが『気の上昇』です。

私たちには心と体を正常に動かすエネルギーである『気』というものが存在します。

気は留まることなく巡ることが重要で、気の巡りが悪い状態を気滞(きたい)と呼びます。

呼吸の気の流れ、食事の気の流れには共通点があります。

それは『上から下に降りる』ということです。

空気は鼻や口から入り肺に降ります(もっと言えば腎まで降ります)。

食べ物も口から入り胃に降り、腸に降り、肛門から排出します。

 

しかし、急激に気温が上がるとどうでしょうか?

温かいものは『上昇』の特徴があるため、気の巡りが下から上へと向かうようになります。

『上から下に降りたい空気と食物』vs『下から上へと向かう陽気』

の状態になり、そのぶつかる場所において緊張状態を発生させます。

お腹でぶつかれば→膨満感
胸でぶつかれば→息苦しさ・過呼吸
喉でぶつかれば→喉のつまり感・梅核気

という具合です。

もし、お腹が張り、息を深く吸うことが出来ず、喉の辺りに違和感がある場合は
気の巡りが悪くなっている事になります。

このような場合は、一度横になると良いでしょう。

体を横にすることで、頭と足の高さが同じになり陽気が上昇するのを防げます。
腹式呼吸で大きく息を吸い込むことで、気の巡りを整えることも出来ます。

また、このような状態の時には揚げ物や高カロリーな食事、暴飲暴食は控えてください
ただでさえ気の巡りが悪く内臓の働きが低下しているのに、内臓に負担をかけるような食事はNGです。

気の巡りを良くするネギ、蕎麦、アスパラガス、ニラ、玉葱などを食べたいですね。

お昼ご飯はざる蕎麦にネギをたっぷり入れて、アスパラガスを食べるのも良さそうです。

 

息苦しさのピークは12時~14時くらいの気温が一番高くなるころかもしれません。

今日はお昼ご飯を食べたら少し横になってみてくださいね。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter