貴央先生の漢方ブログBLOG

夏場の不安感、過度の心配性に食べてほしい漢方薬膳食材

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

 

夏は五臓の中でも『心』の消耗が激しい季節とされてます。

 

『心』は西洋医学の心臓と似た部分もありますが、『心=こころ』とも読むように、漢方ではメンタルにも関係するものと考えます。

 

夏は心の消耗が激しくなり、心の働きが悪くなることで、精神不安を起こしやすくなります。

 

例えば

・夏になると楽しくなって、旅行や遊びに行きたくなる(心の高ぶり)

・夏になるとナンパや、恥ずかしくてできない事が出来たり、大胆になる(心の高ぶり)

・夏の繁華街では喧嘩や酔っ払いによる不祥事が増える(心の高ぶりとアルコールによる自制心の低下)

など、思い当たることもありませんか?

 

心が高ぶると心気と心血の消耗が激しくなるので、心の働きが悪くなります。

 

夏場に心の不調を感じたら、まずは心の働きを良くする食材を食べると良いでしょう。

 

心の働きを良くする食材には

・トマト ・人参 ・レンコン ・牛乳 ・スイカ ・小麦 ・牡蠣 ・レバー

などがあります。

 

特にトマトやスイカは旬のもので、潤いを補うこともできますので、お勧めの食材です。

牡蠣やレバーは滋養強壮にも良いですから、疲労を感じたら食べたいですね!

 

漢方にも心の高ぶりを抑え精神を安定させるものがあります。

食事だけでは不十分であれば、漢方薬もお試しくださいね!

 

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter