貴央先生の漢方ブログBLOG

冷え性と不妊の関連性

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

今日は冷え性と不妊症の関連性について書いてみたいと思います。

古来より冷え性と不妊症の関連性については『宮寒不妊』と言われています。

 

宮寒不妊とは『子宮が冷えることで起こる不妊』の事です。

漢方において、主に下腹部に属する子宮は腎の陽気の影響を強く受けます。

 

腎とは生殖能力やホルモン系にも関わる臓で陽とは『温まる、活動する』を意味します。

 

つまり腎陽の不足とは『腎が冷えている、腎の動きが良くない』ということになります。

 

これは温度的な冷え、もあれば、生殖器の動きが弱い、という意味合いにも近いです。

 

そのため、妊活をしていて下腹部が冷えやすい人は腎陽を高める漢方薬を服用します。

 

中国の文献に

『子なき者は、衝妊不足、腎気虚寒の故なり』

という一文がある事からも、冷えと不妊の関連性は大昔から考えられています。

腎陽を高まる漢方薬は様々な種類があります。

参茸補血丸や至宝三鞭丸、八味地黄丸などが有名ですが、厳密には体質に応じてその他の漢方薬も検討しなくてはなりません。

 

これから気温が下がってきます。

冷え性で妊活中のかたは腎陽を高める漢方薬で対策をとってくださいね。

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter