私の漢方体験談Experience

10代:男性

登校のストレスからの下痢と腹痛が食事のアドバイスのみで改善しました(宇都宮市)

お客様からの漢方体験談をご投稿いただきましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

今回の漢方体験談は内容を精査したのち、個人や場所などが特定されそうな部分を訂正させていただいております。

ご了承ください。

 

 

登校のストレスからの下痢と腹痛が食事のアドバイスのみで改善しました(宇都宮市 10代 男性)

 

今年から小学1年生になる息子の相談をさせていただきました。

息子は新しい場所や怖い場所などに怖がりやすい性格の子で、小学校に通うのも親としてとても不安でした。

そしてその予感は的中してしまいました。

登校日の朝になると腹痛を訴えることが多くなり、朝食を食べると下痢をすることもしばしばありました。

頑張って玄関を出ても途中で帰ってきてトイレに行くこともありました。

余りにも頻繁に起こるので、学校でいじめにでもあっているのではないかと心配にもなりましたが、本人に聞くと友人関係はとても良好そうでした。

しかし、息子に強いストレスを与えているものがありました。それが、担任の先生だったのです。

息子は先生と相性があまり良くないようで、先生の話題になるとうつむき加減になったり話すのを少しためらうことがありました。

ママ友に相談すると担任の先生は昔から少し高圧的な態度をとってしまう事があるらしく、怒り方も怖いのだそうです。

親としては無理して学校に行かせるのも気が引けるし、かといって腹痛のたびに学校を休んでいては今後の学校生活にも影響が出ると思い困っていました。

精神科に連れて行くのが良いのか?内科なのか?そもそも小学1年生のメンタルトラブルに病院に行くべきなのか?

いろいろ悩んだ結果、まずは漢方など自然なもので対応が出来ないものかと思い、中山先生にご相談させていただきました。

 

先生からは息子が小学1年生であるため漢方の服用はあまりお勧めしないと言われました。

その代わり、食事の内容を一緒に考えていただきました。

甘いものと酸味のあるものはストレスを緩和させ、胃腸の働きを良くすると教わりました。

そこで、朝はハチミツレモンティーをゆっくりと焦らずに飲ませることにしました。本人も『美味しい』と言ってくれたので良かったです。

ハチミツレモンティーを飲んでしばらくしてから、家の周りを一緒に10分ほど散歩することも勧めていただきました。

朝食は味噌汁を必ず飲む事、具はネギや豆腐、ジャガイモ、ニラを勧めていただきました。

お腹が温まり、ストレスにも良いそうです。

後は消化の良くない食材は控える事を守る事。

登校時に飴を持たせて、舐めながら登校する事。

などを教えていただきました。

 

その結果、朝の下痢や腹痛がほとんどなくなり、学校にも毎日行けるようになりました。

中山先生が言うようにやはりストレス性の胃腸障害だったらしく、中山先生も担任の先生の言動に『それは良くないね』と言ってくれました。

専門家の先生が息子の症状や私の想いに寄り添ってくれただけでも、本当に救われた思いなのに、薬を飲まないで体調が良くなってくれたことが

本当に嬉しいです。

先生とのご相談を通して、食事の大切さ、ストレスに対する考え方も学べました。

私自身もあまりストレスに強くなく、体力的にも自信がないので、今後は私の体調不良のご相談をさせていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。