私の漢方体験談Experience

50代:女性

漢方体験談 更年期障害の改善(栃木県宇都宮市御幸ヶ原)

漢方体験談 更年期障害

 

45歳手前からいわゆる更年期障害に悩まされていました。

火照りやイライラが強くなり、仕事中に自分だけ汗をかいていたことがありました。

特に火照り感はひどく、お風呂に入ると眩暈のようなものを感じたこともありました。

産婦人科でホルモン剤をもらって少し症状は安定したので、しばらく様子を見ていました。

そんな私が漢方薬を服用するきっかけになったのは職場の同僚との何気ない会話でした。

たまたま更年期障害の話をしていた時に一人が『漢方を飲んだら良くなった』というのです。

さらに彼女は続けて、更年期障害以外にも熟睡出来たり元気が出たりと、とにかく前よりも体調そのものが良い、というのです。その人は私に『ホルモン剤って結局、治しているわけじゃないんだよね』というのです。その一言が少しカチンときた(笑)というか、自分のやっていることを否定されているような気がしました。でも、よくよく考えたら、彼女の言うことも一理あるな、と思いました。漢方については半信半疑でしたが、『体質改善』という言葉は非常に魅力的で、自分も健康的で明るく過ごせるなら少し試してみたいと思い予約を取りました。

 

カウンセリングがとても丁寧で、その時点で病院との違いを感じました。

病院だと、『更年期障害ならホルモン剤出しとくね』の一言だったんです。でも、中山先生はなぜ更年期障害が起きるのか、どうすれば解決するのか、を丁寧に説明してくれました。

更年期障害以外の症状についても総合的に考えていただいているようでした。

私は粉薬が飲めないし、お薬をお湯に溶いて飲むほど時間に余裕もなかったので、すべて錠剤の漢方薬にしてもらいました(※漢方薬の名前はこちらで削除させていただきました。ご了承ください)。

 

漢方薬を飲み始めてまず一番先に感じたのが『頭がスッキリする感じ』でした。

頭を覆っていたような靄がスッキリと取れて、視界も明るく広くなったような不思議な感じでした。それを先生は『頭に溜まった熱を降ろしました』と説明してくれました。

漢方の言葉は少し難しいですが、身振り手振りやたとえ話で分かりやすく説明してくれました。私は『ジャイアンのような状態』と説明されました。確かに言われてみれば、すぐに怒ったりイライラしたり汗をかくのは頭に血が昇っていたからなんですね。

しばらく服用していると呼吸にも変化を感じました。浅い呼吸が深い呼吸へと変わり、空気をたくさん吸えているような感覚になりました。

その後は悩んでいたほとんどの症状が緩和されて、あの時、私に漢方を勧めてくれた人のように『前よりも元気な感じ』が実感できました。

中山先生が『たった一度の人生なんだから、体調に悩みながらの毎日じゃないほうが良い』と言ってくれたことが、ものすごい励みになりました。

 

コロナの影響で少し鬱々としたりネガティブになる事はありますが、更年期障害のままこの状況になっていたら、と思うとゾッとします。

無理をしないで毎日穏やかに過ごせていることに感謝しています。