貴央先生の漢方ブログBLOG

産後鬱に漢方的アプローチを

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

今日は『鬱』、特に産後に見られやすい『産後鬱』について書いてみたいと思います。

 

中医学において出産は気血を大量に消費すると考えます。

気はエネルギー、血は心身を構成する栄養、のような考えで良いかと思います。

 

つまり気血が大量に消耗されるとエネルギー不足、栄養不足から心身を正常に活動することが難しくなります。

 

特に高齢での出産は要注意です。

高齢になればなるほど気血は減少する傾向があるため、産後はしっかりと気血を補うことが大切なのです。

しかし、現実問題としては産後も育児や家事に忙しい方が多く、産後の体調を十分にケアできていない人も多いです。

 

普段よりも心身が弱った状態での育児…、これだけでもかなりの精神的疲労になる事は明らかですね。

 

中医学には

『肝蔵血、血養心、心蔵神』

※血の充実がメンタルの安定につながる

という言葉があります。

 

産後鬱を防ぐためにも質の良い血の回復、そしてそれをサポートする気を補うことを意識しましょう。

 

補血作用の漢方薬は多種多様にあるので、実際には漢方相談の上、服用するものは決めます。

また、産後鬱もストレスからくるもの、疲労からくるもの、生殖能力の低下からくるものなど様々です。

血を補いつつもタイプに応じた対策を練っていきましょう。

 

ぜひご相談ください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter