貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方 不妊の原因は不眠にあり?

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

今回は不眠が不妊の原因の一つになっているかもしれない、というお話。

まず、データの部分から話をしたいと思います。

 

シカゴ大学の研究チームの発表によると

男性で5時間睡眠を1週間続けると
テストステロン値が実年齢よりも10~15歳年を取ったのと同程度まで下がり、睾丸の大きさも小さくなるそうです。

女性では睡眠時間が6時間を切るとFSHの値が20%程度低下し排卵障害を起こすリスクが上がるそうです。
実際、看護師、夜勤の仕事、時間に不規則な仕事をしている人は生理不順発生率が33%も上がるというデータもあるようです。

この発表から共通していることは男女ともに睡眠不足は生殖機能の低下を招くということです。

しかもここで重要なのは『睡眠している時間』であって、『寝室にいる時間』ではないという事。

寝室にいても実際に睡眠している時間が短ければ問題だということです。

 

当店で妊活のご相談を受けているといろいろなサプリや病院での治療、鍼灸、漢方薬を服用している人が多いです。

しかし、睡眠時間が圧倒的に足りていない人が多いのも実感としてあります。

『何かを補う』ことよりも、もしかしたら『しっかり寝る』ことが妊活において重要な場合もあります。

 

そのような場合、漢方相談では睡眠の質を高めるような漢方薬をご提案させていただく場合があります。

妊活なのに睡眠の漢方?と思われるかもしれませんが、睡眠と妊活は密接に関係しているのです。

これから夏!陽気が盛んな季節です。

睡眠の質が悪くなりがちな季節だからこそ、妊活をしている人は睡眠の質を良くする漢方もぜひご検討ください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter