貴央先生の漢方ブログBLOG

基礎体温が乱れている?基礎体温を乱す意外な要因とは

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

妊活のために基礎体温を毎日測定されている人は多いのではないでしょうか?

 

当店でもご相談時に基礎体温表を見させていただくのですが、その際にこんな質問を受けることがあります。

 

『体温が時々すごい上がったり、すごい下がったりします。これって何か問題がありますか?』

 

結論から言うと1日程度、平均から逸脱するような体温を計測しても気にする必要はありません。

なぜなら基礎体温は様々な要因で乱れてしまう事があるからです。

 

その代表的な例が夕食のメニューでしょう。

 

例えば、夕食に激辛料理を食べたり、強いアルコールを飲んだりすると翌朝の基礎体温は高めに計測されることが多いです。

逆に、生野菜や冷たい料理、蕎麦やトマト、キュウリなど体を冷やす傾向がある食事を夕食に取ると翌朝の体温が低めに計測される事があります。

 

そのため、基礎体温は1日1日の体温で一喜一憂することなく全体的なバランスなどで見る必要があります。

 

特にネットや本に出ているような基礎体温はあまりにも綺麗すぎて、実際にあんなにきれいな基礎体温表になる人は少ないです。

 

基礎体温ひとつとってみても、正確に読み解くにはやはり専門家の経験と知識が必要になりますね。

 

もし、基礎体温表をつけているけど見方が分からない、アドバイスが欲しい、という人はお気軽にご来店時に見させてくださいね!

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter