貴央先生の漢方ブログBLOG

血行不良体質の漢方的特徴

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

唐突ですが、血流に自信ありますか?

 

コロナにより在宅時間が増えて、運動不足の人も多くなり、ゴースト血管なるワードも目立ちましたね。

 

漢方においては血は全身に栄養や潤いを運ぶ、体を温める、精神を安定させる、などの働きがあるとされているため、

血流が悪くなればそれらの働きが全うできなくなります。

 

とにもかくにも、血流は良いほうが良いに決まっているのですが、ここで一つの疑問が浮かびます。

 

「血流が悪い人ってどんな特徴があるの?」

 

今日はそんな疑問に漢方的視点でお答えしたいと思います。

 

まず、漢方には瘀血(おけつ)と呼ばれる血行不良に近い概念があります。

 

その瘀血の人の特徴が以下の通りです。当てはまるものはないか見ていきましょう。

 

・唇が紫色っぽい

・手足などに静脈が浮き出る

・ベタッとした黒い便が出ることがある

・舌の色が暗い赤色、シミのようなものがみえる

・生理の時の経血が黒っぽく、塊がある

・生理痛がひどい

・頭が重い、頭痛

・物忘れしやすい

・ストレスを感じやすい

・寝つきが悪い

・疲れが取れない

・冷え性

・腰痛や関節痛がある

・顔色が暗い

・皮膚が硬い

・目の下にクマがある

・しみ、そばかすができやすい

 

いかがでしょうか?

 

およそ3つでも当てはまれば瘀血の可能性があります。

当てはまる数が多ければ多いほど、瘀血の度合いも高くなると考えて良いでしょう。

 

こうやって見ると瘀血に当てはまる人はかなり多いのではないでしょうか?

瘀血は万病の元ですし、ダイエットや老化、様々な病気の引き金になります。

 

運動、入浴、十分な睡眠時間を意識することが大切ですが、なかなか生活習慣のみで改善するのも難しいものです。

 

そんな時は瘀血改善のエキスパートの漢方薬もありますので、ぜひお試しください。

 

天明堂薬局は1時間に1組の完全予約制漢方相談薬局です。

ご予約はこちらから

ご予約内容の選択|天明堂薬局 (airrsv.net)

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter