貴央先生の漢方ブログBLOG

疲れすぎても不眠になる人は虚のタイプです

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

 

一日の終わりを締めくくる睡眠。

素晴らしい1日の始まりでもある睡眠。

 

不眠になると、

『今日も眠れないかもしれない…』

『眠れなくて朝から元気が出ない…』

ということになります。

 

毎日を元気に幸せに過ごすためにもなるべく質の良い睡眠は欠かせません。

 

不眠については様々な原因がありますが、今回ご紹介するのは気血両虚不眠と呼ばれるタイプの不眠です。

 

気虚とは『エネルギーが足りない状態』です。

血とは『栄養や血の働きが良くない状態』です。

 

つまり気血両虚とは心身ともに疲労している状態です。

 

え?

普通は疲れてた方がよく眠れるんじゃないんですか???

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

漢方の理論では必ずしもそうとは言えません。

 

血の量や働きが低下すると『心不蔵神』と呼ばれる状態が起き、不眠を起こします。

 

蔵とは精神を体の奥深くに収める事であり、脳の活動を鎮静化することに近いです。

心不蔵神は、それが『できない』状態なので、いつまでも精神活動が落ち着きません。

 

虚の状態で精神が落ち着かないため、不安感や憂鬱、ネガティブ思考を起こしやすいのも特徴で、熟睡感も得られません。

 

主に体力がない女性、貧血傾向の女性に多く見られます。

 

このような不眠の場合は良い睡眠を得るために『気血を補う』方法をとります。

 

つまり良い睡眠をとるために元気になろう!というわけです。

 

漢方って面白いですね(^^♪

 

これから秋冬と陰気な季節。

 

なんとなく暗い気持ちになり虚の状態になりやすいです。

 

不安、不眠、鬱、ネガティブ、疲労感

 

当てはまるようでしたら、睡眠薬ではなくて心を元気にする方法も試してくださいね!

 

 

 

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter