貴央先生の漢方ブログBLOG

秋冬を楽しく過ごすための漢方養生

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

11月に入り朝晩はグッ冷え込むようになりましたね!

風邪やインフルエンザも流行してきそうな時期ですから、しっかりとマスク、うがい、手洗い、休養で防御してくださいね。

 

さてさて、今日のブログのタイトルについてですが…。

 

僕は意識的になんでも『良い言葉』を口にするようにしています。

例えば、

①お客様が少ない日でも

『今日はお客様が少なかったおかげで掃除とかDMとかブログとか書けて良かったなぁ。』

とか。

②ジムに行って使いたい器具が独占されていても

『いつもと違うトレーニングができて良かったなぁ。』

とか。

③ネットで購入した商品が思っていたようなものじゃなくても

『大事なものはやっぱり実際に見て買ったほうが良いっていう教訓を得たなぁ。』

とか。

 

本当にそんな感じです。

こういうこと言うと『うそでしょ』とか『そんなわけない』だの、『ムカつかないわけない』って言われることもありますが

いやいや、本当にそうなんです。

 

いつからこうなったのかは覚えてないけど、こういう癖をつけるようになってから本当にストレスというものを感じなくなりました。

 

でもね、なんとなくだけど、やはり『良い言葉を口にする習慣』は大切だと思います。

 

世の中、すべてが思い通りになる人なんていません。

対人関係、仕事、家族関係、健康問題、事故…、あらゆるハプニングにさらされて生きているわけです。

その時に大切なのは問題を立体的にとらえることだと思います。

問題を立体的にとらえるというのは、問題をいろんな角度から見てみるということです。

 

例えば、先ほどの僕の3つの例を平面的にとらえると以下のような感情になります。

 

①暇で仕方ない。こんな暇な日なら休みにして遊びに行けばよかった。

②器具を独占するなんてマナーの悪い奴だ。あいつのせいで俺の予定が狂った。不快な気持ちになったのはあいつのせいだ!

③だまされた!誇大広告だ!弁償しろ!金返せ!

ってね。

 

でも、問題を立体的にとらえるとネガティブな側面ばかりでなくポジティブな側面も見ることが出来ます。

そうすれば、同じ事象が起きているにもかかわらず、メンタル的にはポジティブになれます。

 

もちろん、ネガティブな印象を感じることが悪いということではなく、ネガティブに感じても最終的にはポジティブな印象で

切り上げるべきです。

 

そうすれば、その後の時間がネガティブに縛られず、ポジティブに過ごせるため、2次被害が防げます。

 

人間が生きている以上、楽しい事、悲しい事、嬉しい事、怒りを感じる事は必ずやってきます。

その時にどうやってポジティブに持っていくかが大切です。

 

そこで大切なのが言葉!

良い言葉を無理やりでもいいから出してみましょう。

良い言葉を出し続ければ、言霊となりポジティブな思考へと導いてくれるはずです。

 

さぁ、今日からすべてポジティブワード変換の癖をつけてみてください。

きっと幸せが向こうからやってくるはずですから…。

天明堂薬局は1時間に1組の完全予約制漢方相談薬局です。

ご予約はこちらから

ご予約内容の選択|天明堂薬局 (airrsv.net)

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter