貴央先生の漢方ブログBLOG

【老化がもたらす頭痛】への漢方対策

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日は頭痛のお話の中でも少し特殊な【老化が原因の頭痛】について書いてみたいと思います。

老化による頭痛、と聞くといまいち【?】な感じがしますよね。

漢方の世界では頭痛は様々な原因で起こるとされています。

有名なところでは血行不良やストレス、疲労からくる頭痛が挙げられますが、『腎虚』と呼ばれる一般的に老化が原因とされる頭痛もあるのです。

漢方の世界には
【人の老化は腎の老化】
という言葉もあるほど、腎の衰えと人の老化は密接に関係しています。

腎には
・骨を丈夫にする
・脳の働きを聡明にする
・生殖器の働きを良くする
・歯を丈夫にする
・髪の毛を黒くふさふさにする
などの役割があります。

そのため、腎の老化は
・骨がもろくなる(骨密度の低下など)
・脳の働きが鈍くなる(物忘れなど)
・生殖機能が低下する
・歯が弱くなる
・白髪、抜け毛が目立つ
などが起こります。

腎虚頭痛の特徴は
【頭の回転が鈍く、痛み方は弱く、何かをしていれば気にならない】
です。

非常に弱い頭痛なので、『気にしない、気にならない』という人も多いですが、
腎虚頭痛は老化のサインです。

少しでも心当たりがある方は【老化の始まり】を認識し、アンチエイジング漢方を
始めると良いでしょう。

ちなみに、腎虚頭痛は老化性と表現しましたが、若くても腎虚の人がいます。

【骨格が弱く、精力が低下し、元気がない、思考力が低下】

などの特徴があり、鈍い頭痛がある人は、今後の長い人生のためにも早めにケアしてくださいね!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter