貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方養生 梅雨時期の『気が重い』を防ぐポイント

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

6月に入り梅雨も近づいてきました。

梅雨と聞くとなんとなく『気が重い』感じがしますよね。

これは漢方的に理由があります。

梅雨時期は外因五邪のうちの一つ、『湿邪』が盛んになります。

少し難しい表現かもしれませんが、湿気が高まることによる体調不良が起こりやすくなる、ということです。

湿邪の特徴は『気、血、水の巡りを悪くする』という事。

そのため、気が重くなり、血行が悪くなり、水分代謝が悪くなります。

これらが複雑に絡まり、
・倦怠感を感じてやる気が起きない
・頭が重くて思考が停止する
・浮腫みが強くなりお腹の調子も悪い

なんてことが増えてくるわけです。

これらの時期には湿邪に負けない食生活や生活養生が重要です。

湿邪に負けないためには『気、血、水の巡りを良くする』事が大切。

・冷たい物、生ものを控える
・汗をかくような運動をする
・入浴時間を確保する
・朝、昼に少し辛い物を取り入れる
・豆類など利尿効果のある食材を食べる

などは比較的簡単に取り入れられると思います。

それでも体調がすぐれない場合は、水分代謝を改善する漢方薬や胃腸の働きを良くする漢方薬を服用すると、心身が軽くなるのでお勧めです。

湿邪に負けないカラっとした心と体で元気に過ごしていきましょう!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter