貴央先生の漢方ブログBLOG

秋の味覚『栗』の薬膳的解説

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

秋の味覚が美味しい季節となりましたね。

秋の味覚の一つと言えば栗ですが、栗も薬膳的に解説するとなかなか面白い食材です。

栗を薬膳的に解説すると以下のような形になります

・補脾止瀉→消化器系を強くし下痢を止める
・補腎強筋→腎の虚弱からくる足腰の怠さなどに良い
・活血止血→虚弱体質からくる出血を止める一方で、血流も良くする

栗は五臓の中でも脾胃腎に影響を与えやすいため、消化器系が弱く、腎が弱い人にはお勧めの食材です。

腎とはホルモン系や生殖機能も含まれるため、漢方では『人の老化は腎の老化』という言葉もあります。

年配の人にとってはアンチエイジング。
若い人にとっては成長発育の促進。

となり、老若男女を問わず食したい食材です。

性質もやや温性なので、寒い時期にも安心して食べることが出来ますね。

しかし、栗を使ったケーキも良いかというとそうでもありません。

過剰な脂質と糖質は胃腸機能を低下させ、体温も下げるのであくまで、栗そのものを食べることを意識してくださいね。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter