貴央先生の漢方ブログBLOG

精神的ストレスから胃が痛くなる人にお勧めの食材

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

強いストレスは体に悪影響であることは周知の事実ですが、ストレスによって表れる悪影響は人それぞれです。

 

不眠やイライラ、鬱、倦怠感、風邪をひく、喉が痛くなる、など様々ですが、特に多いのが

 

胃が痛くなる

 

ではないでしょうか?

 

漫画やドラマでも強いストレスで『胃が痛くなる』と表現しているのを目にします。

 

漢方の考え方ではストレスが胃の痛みを起こすことを、肝と脾胃の関係から考えます。

 

強いストレスは五臓の中の肝の働きを乱します。

 

肝には疏泄機能と呼ばれる自律神経を整える働きに近い概念があります。

 

そのため、ストレスにより肝の疏泄機能が乱されると脾胃の働きが乱れ痛みを起こします。

 

この時の痛みの特徴は『キリキリとした痛み』です。

 

脾胃の働きも悪くなるため、食べ物をお腹に入れたくなくなります。

 

このようなストレス性の胃痛が起きた時はその原因となるストレスの緩和が期待される食材をお勧めします。

 

もちろん胃痛が起きてからでは食べられないと思うので、日頃からストレスが胃痛になる人は意識的に食べるようにしてください。

 

ストレス性胃痛にお勧めの食材は

・ネギ ・玉葱 ・陳皮 ・ミカン ・レモン ・キャベツ ・ニラ ・アスパラガス ・トマト

・グレープフルーツ ・ブドウ

などが挙げられます。

 

酸味や甘味、また香りのある食材が目立ちますね。

 

今日はストレスの多い1日になりそうだなぁ…、

 

そんな時は上記の食材を意識してみてくださいね!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter