貴央先生の漢方ブログBLOG

更年期障害にお勧めの漢方食養生

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

更年期障害は男女ともに必ず訪れるトラブルの一つです。

 

症状には差があるため、中には更年期障害をほとんど感じずに過ごす方もいますが、中には仕事や人間関係にまで影響が出るほどの

症状を起こす方もいます。

 

更年期障害に対する漢方薬は古来より研究がなされ、漢方では得意分野の一つと言っても過言でありません。

 

今日は更年期障害にお勧めの漢方食材を紹介したいと思います。

 

更年期障害を漢方的に考えると『腎虚』が根底にあります。

 

腎とは生殖機能に近い考えもあり、腎が衰える『腎虚』が起こると、ホルモンの分泌が減少し、ホルモンのバランスが乱れることで、更年期障害を起こします。

 

以下に腎の老化を防ぐか、という点で腎のお勧めの食材が更年期障害対策の漢方食材と言えます。

 

代表的な食材には

・黒豆 ・黒ゴマ ・昆布 ・ひじき ・エビ ・鯵 ・鮭 ・キャベツ ・ブロッコリー

・サツマイモ ・ゴボウ ・ブドウ ・トウモロコシ ・栗 ・牡蠣 ・シジミ ・アサリ

・のり ・味噌 ・キウイ ・クルミ ・ナマコ ・鰻 ・貝柱 ・塩

などがあります。

 

比較的『色の濃いもの・黒いもの』は五行学説からも『腎に良い食材』とされています。

また鹹味(塩味)は腎に入りやすいという考えもあり、代表的な食材にも『海のもの』が目立ちます。

 

また、更年期障害はストレスが加わると症状が悪化します。

ストレスを緩和する食材も上手に取れると良いですね。

 

ストレスを緩和する食材には

・レモン ・梅 ・シジミ ・アサリ ・鰻 ・ホタテ ・昆布 ・酢 ・桃 ・リンゴ ・ブドウ

・ミカン ・カボス ・柚子 ・トマト ・ビワ ・セロリ ・ブルーベリー ・グレープフルーツ

などがあります。

爽やかな柑橘系が多いのが特徴ですね。

食後のデザートにフルーツを食べたり、お酢を炭酸水で割って飲んでみるのも良いかもしれません。

 

もちろん漢方薬を服用するのが一番効果的ですが、日頃からの食事を少し気を付けるだけでも体調不良は防げるものもあります。

美味しく更年期障害を緩和するためにも40歳過ぎたら意識してみてくださいね!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter