貴央先生の漢方ブログBLOG

夏の季節性下痢の対処法

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

暑い夏が続きますが、皆様体調はいかがでしょうか?

暑い夏が続くと下痢になる人も多いですよね。

今日のブログはそんな『夏の季節性の下痢』について書いてみたいと思います。

下痢については古来より『湿がなければ下痢はない』とも言われています。

湿とは過剰な水分であり、特に夏は暑さから水分補給を推奨されることも多く、時としてその摂取量が過剰になる場合があります。

過剰な水分(湿)と暑さ(熱)が組み合わさった湿熱性の下痢が夏の下痢の特徴と言えます。

このような下痢はいわゆる『夏風邪』と判断されることが多いです。

そのため、過剰な湿を排出しつつも風邪を改善する漢方薬が優先的に選択されます。

具体的な処方は体質などの違いに応じて選択する必要があるので服用の際は必ず相談しましょう。

また、湿に襲われているときは胃腸の負担になるような飲食は避けるべきです。

揚げ物、冷飲冷食、暴飲暴食は言わずもがな胃腸に負担をかけるので避けましょう。

下痢の具合にもよりますが、あまりにもひどければ水分摂取、漢方薬の摂取にとどめ、1~2食ほど食事をとらず、胃腸を完全に休ませることも良い場合があります。

まだまだ続く暑い夏、水分摂取は必須ですが、過剰な水分はかえって体調不良を招きます。

下痢、食欲不振、胃もたれなど胃腸障害が気になる際は早めに体調を整えてくださいね。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter