貴央先生の漢方ブログBLOG

免疫力の低下を漢方的に考えてみよう

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

コロナの影響で注目を浴びる「免疫力」。

 

中医学において免疫力に近い概念はおよそ2000年以上前から存在するとされています。

 

昔の人は病気になるのは、人が持つ「正気(免疫力に近いもの)」が病邪に負けるから、と考えました。

 

つまり免疫力の低下がみられるとウィルスや細菌、寒暖差などで体調を崩してしまう、という考えに非常に似ているのです。

 

 

 

そもそも正気とはなんぞや?ということですが、かなりざっくり書くと「エネルギー」です。

 

考えるにも、内臓を動かすにも、体を動かすにも何にしても気と呼ばれる「エネルギー」の存在が不可欠です。

 

気がたくさんあると「気力がある」「気が満ちている」「気丈にふるまう」「気持ちが良い」などの状態になりますね。

 

まさに「気」は生命を維持するために欠かせないものです。

 

気が不足している状態を気虚(ききょ)と呼びますが、現代人は気虚状態が目立ちます。

 

 

・疲労感

・倦怠感

・集中力の低下

・運動能力の低下

・ネガティブ思考

・めまい、立ち眩み

・軟便

が目立つようであれば気虚を疑ってみて良いでしょう。

 

気虚は

・過労

・不眠

・飲食の不摂生(食べすぎ・食べなさすぎ)

などで、簡単に起きてしまいます。

頑張りすぎて休養を取ることが苦手な人は本当に注意が必要です。

 

 

 

気を補う漢方薬は多々あり、体質に応じて選ぶ必要があります。

中には体質に合わない処方などもありますから注意が必要です。

 

 

コロナの影響がまだまだ続いています。

 

予防の一手に「気を補う」というアプローチも良いと思います。

ぜひご相談ください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter