貴央先生の漢方ブログBLOG

『胃腸が弱くて気力もない人』のお守り漢方薬『帰脾湯』

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日は漢方薬の解説を一つしたいと思います。

今日ご紹介するのは『気脾湯』です。

帰脾湯は気血を両方補う『気血双補剤』の代表的な漢方薬で、特に脾気虚と心血虚が目立つ人にお勧めです。

脾は消化器系のような働きに近いため、脾気虚は『消化器系が弱っている状態』と考えて良いでしょう。
私たちは食事から気(エネルギー)と血(栄養)を生成しているため、脾が弱ると気血の生成がうまくいかなくなります。

そのため、脾気虚の人は疲れやすく、倦怠感があり、活動力の低下がみられるのが特徴です。

五臓の中の『心(しん)』の血が不足すると心血虚となります。
漢方における心は心臓のように血を送り出す働き以外にも、『心=こころ』とも読むように脳の働きに近いものがあると考えます。
そのため、心血虚になると、不安感や不眠、驚きやすい、ビクビクしやすい、動悸、物忘れが目立つ、などの症状が表れやすくなります。

帰脾湯は脾の働きを良くして気血の生成を促し、心の働きを良くする漢方薬です。

日本人は冷たい飲食やジャンクフード、生ものを好む傾向があり、胃腸が弱い人が多いと言われてます。
胃腸が弱くて精神的な弱さも気になる人にとって、帰脾湯は『お守りのような漢方薬』にもなりえるでしょう。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter