貴央先生の漢方ブログBLOG

【漢方】イライラが原因の口内炎を治すために

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日は口内炎について少し書いてみたいと思います。

口内炎、痛くて食事もままならない、辛い症状ですよね。

口の中をうっかり噛んでしまって、そこから口内炎に発展してしまうケースが多いですが、中には自然発生的に口内炎ができる事もあります。

漢方においては口内炎が発生する原因の一つに『心火上炎』があります。

心火上炎と書くと少し難しいかもしれません。

心火上炎とは『心の火が盛んになり、上(胸部から上)に炎症を起こす』というものです。

心火とは憂鬱や怒り、イライラなど情緒の失調から発生します。

ジャイアンが『の~び~た~!!!』と怒りの感情を表しているときに顔が赤くなり、目から炎が出る事からもイメージしやすいですね。

あれがまさに心火が昂っている状態です。

 

古来の文献にも口内炎を『心の鬱熱なり』と表記しています。

 

 

このようにイライラや鬱々が原因で起こった口内炎はビタミン剤ではなかなか回復することが難しく、心火を冷ます漢方薬の併用が有効です。

特に夏は五臓の中で『心』が調子を崩しやすい時期です。

心は火の性質があるので、特に夏はイライラや興奮から発生する口内炎が増えそうです。

イライラや怒りの感情が目立つ場合は香辛料の強い料理や油っこい食事は控えたほうが無難です。

香辛料も油も火を助長する性質があるので、食べ過ぎは口内炎を誘発します。

もしも、夏場にイライラや興奮、怒りが目立つ場合はキュウリやトマト、ナス、豆腐、スイカ、蕎麦など心熱をとってくれる食材を意識して食べてくださいね。

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter