貴央先生の漢方ブログBLOG

流産予防に漢方的アプローチ

漢方において化学流産に近い考えに暗産と呼ばれるものがあり、妊娠が確認される前に流産した状態を指します。

暗産(化学流産)が頻発する場合は漢方では予培其損、補虚瀉実という原則にのっとり改善を試みます。

 

流産予防に関する言葉の中には『血は養胎、気は載胎』というものもあります。

これは、妊娠後は血を補うことで胎児に栄養を与え、気を補うことで胎児を流産から守る、という意味です。

日頃から疲労感が強い人や肉体労働をしている人、高齢での妊活中の方、虚弱体質の人は流産を予防するためにも気血を十分に補うことが重要です。

 

効率よく気血を補うためには動物系生薬を含んだ漢方薬がお勧めです。

 

動物系生薬は古来より『血肉有情之品』と呼ばれ、植物由来の生薬と比べて補益力(気血を増やす力)が高いからです。

 

動物系生薬を多く含む漢方薬は参茸補血丸、参馬補腎丸、亀鹿仙、双料参茸丸、至宝三鞭丸など様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

服用する際は体質や状況に応じて使い分ける必要があるため、必ずご相談の上、服用してください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter