貴央先生の漢方ブログBLOG

妊活を睡眠から考える

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日は妊活のためにも良い睡眠をとってほしい、ということについて書いてみたいと思います。

睡眠と生殖器に関してはシカゴ大学の研究チームが興味深い報告をしています。

男性の場合、5時間睡眠を1週間続けると健康な人でも男性ホルモン(テストステロン)の値が下がり、なんとその低下率は10~15歳年をとったのと同程度だそうです。

また、睾丸のサイズが小さくなった、という報告もあります。

テストステロンが低下すると倦怠感、性欲の低下、骨密度の低下なども招きます。

先ほどの10~15歳加齢した状態ということは、例えば35歳男性であれば睡眠不足を起こすと45歳~50歳程度の状態になるということです。

年齢の割に疲れが目立つ場合はしっかりと寝ているのかを確認しましょう。

女性の場合、6時間以下の睡眠が続いた場合、FSHの値が20%低下し、排卵障害を起こすリスクがあるとされます。

実際に夜勤や不規則な生活をしている人は生理不順発生率が33%上がる、という報告もあります。

また睡眠が不足するとグレリンという食欲増進ホルモンの分泌が促進され、甘いものやジャンクフードを好む傾向になります。

このように、睡眠不足は男女ともに生殖能力の低下や妊活に向けた体質づくりに悪影響な生活習慣を招きます。

 

漢方の相談を受けていると
『どんな漢方薬を飲んだらよいか?』
『だんなサプリがお勧めか?』
という質問が少なからずあります。

しかし、『何を取り入れるか?』以前に、『しっかりと寝ているか?』が重要で、十分な睡眠をとれていない場合は漢方による体質改善も進みにくいことがあります。

『夜はついつい夜更かししちゃって…』

そんな声も聞こえてきそうですが、どうか自分の体のためにも寝る時間を捻出して心身を休養してくださいね。

どうしても入眠に難がある場合は妊活のためにも『睡眠の質を高める漢方薬』を試してみるのも良いでしょう。

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter