貴央先生の漢方ブログBLOG

妊活の基本 生理の経血の確認から

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

不妊の相談をお受けするときに必ず生理の状態を確認するのですが、

意外とお客様の中には『みていない』という方も多いです。

 

生理は女性の体調を知るうえでとても重要であり、体質改善により妊娠を成就するうえでも大切です。

 

一般的に良い経血とは

・量が50~100ml

・出血期間が3~7日間

・明るい色

・塊がない

・痛みがない

という状態です。

 

『えっ!生理痛ってみんなあるんでしょ!?』

『塊って出るのが普通じゃないの!?』

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

特に経血に黒っぽい塊がある場合は血行不良に近い考えの『瘀血』である可能性が大です。

 

卵巣や子宮などの位置は血海とも言われ、質の良い血が流れていることは良い卵や内膜の形成にとても重要です。

 

その部分が瘀血状態だと…、妊活にかなり良くないことがお分かりだと思います。

 

ちなみに瘀血体質の人のその他の特徴は

・顔色や唇の色が暗い ・四肢が冷えやすい ・疲れが抜けにくい

・頭痛がある ・肩こりが気になる ・シミやそばかすができやすい

などがあります。

 

つまり瘀血は妊娠以外にも日常生活をするうえで様々なトラブルの原因になる事が分かりますね。

 

このような特徴がみられたら、まずは活血化瘀薬で血流を良くしつつ、補血薬などで血の働きや質を高めると良いでしょう。

 

なかなか自分の体質は人と相談することも難しいものです。

 

ぜひ一度、自分の生理、そして体質をご相談ください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter