貴央先生の漢方ブログBLOG

爽やかな香りでイライラ改善を、生薬『陳皮』の魅力

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

今日は生薬の陳皮について書いてみたいと思います。

 

陳皮とはミカンの皮を日陰に干して乾燥させたものです。

『陳』には『古い』という意味もあり、古いものほど効能が優れているとされているため『陳皮』と呼ばれます。

ミカンの皮というと、青皮という生薬もありますが、これは成熟前の果皮になります。

若いことを『青いヤツ』と呼ぶことがありますが、まさに若くフレッシュな皮が青皮ということですね。

 

陳皮には理気健脾・燥湿化痰などの効果があるとされています。

陳皮は気の巡りの悪さから胃の動きが悪くなり、お腹の張り、嘔吐、下痢などを起こしてしまう人や痰が絡む人にお勧めできます。

 

薬性も温性なので冷え性の人にも良いですね。

 

陳皮はその香りのよさから入浴時に浴槽に入れることもお勧めです。

香りのよい入浴タイムはリラックス効果も高く、きっと1日の疲れを取ってくれることでしょう。

 

薬局では比較的安価に購入できる生薬なので、普段の生活に気軽に生薬を取り入れることが出来ます。

 

生薬・陳皮、ぜひお試しください。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter