貴央先生の漢方ブログBLOG

元気のために肉を食べるなら締めはパイナップルで決まり!

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

暑い夏、食欲低下していませんか?

元気を出すためにも動物性たんぱく質はとても重要ですが、食欲不振になっていると肉を食べるのもちょっとつらいし、食後に何となく胃が重く感じますよね。

さて、そんなときにお勧めのフルーツがパイナップルです!

パイナップルを薬膳的に解説すると
・平性、甘酸味
・滋養作用、弛緩作用、清熱作用、補気陰作用
などがあります。

ざっくり言えば
「体を温めも冷やしもせず、体の過剰な熱をとり、潤いや元気を与え、リラックスさせる働き」がある、ということです。

パイナップルにはブロメラインという酵素が含まれているため、お肉の消化を助けてくれます。
酢豚に入っているのもなるほど納得です。

暑い夏、食欲ないけど元気のためにお肉を食べたい!

そんな方はぜひ、デザートにパイナップルを食べてくださいね!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter