貴央先生の漢方ブログBLOG

『心』が疲れた時は小麦がお勧め

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

小麦製品好きですか?
パンやパスタなど美味しいものが多いですが、最近では小麦に含まれるグルテンが健康に良くないということで『グルテンフリー食材』も増えてきていますね。

健康に良くないイメージが持たれつつある小麦ですが、今日はそんな小麦の『良いところ』を漢方的視点で書いてみたいと思います。

小麦を漢方的に考えると五臓の中の『心』を元気にする働きがあります。

これは『心気』と呼ばれ、血液の循環以外に精神活動にも関わります。

『心気』が弱くなると不安感、猜疑心、不眠、物事が決められない、驚きやすくなる、などの症状が出やすくなります。

つまり心気が不足するとネガティブ思考で不安を口にしやすく、決断力がなく、怖いニュースなどに必要以上にビクビクする、という特徴が表れます。

小麦はそのような心気を補う働きがあるので、精神的に弱っているときはお勧めと言えるのです。

しかし気をつけないといけないのは『食べる量』です。

先にも書いたように小麦はグルテンを含みますが、グルテンは腸内環境に良くないばかりか、食欲増進効果もあるため、過食しがちです。

特にパンは製造工程で脂質と糖質を多く使うため、小麦が『心』に良いとは言え、食べすぎには注意です。

食べる量を少なくするか、食べる機会を減らすようにしましょう。

精神的に疲れた時に小麦商品でホッと一息。
心のケアに上手に小麦をとってくださいね。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter