貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方 女子力アップ漢方はいつから始める?

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日は女子力と漢方のお話。

漢方的に女子力を語る場合、『腎は7の倍数で変化する』という考えが重要になります。

腎とは西洋医学の腎臓とは少し違い、ホルモン系や生殖機能にも関わります。

つまり、女性ホルモンの分泌には腎の活動力の高さが関わってきます。

さて、そんな7の倍数ですが簡単におさらいしましょう。

なお、昔と今では栄養状態なども異なるため必ずしも7の倍数に当てはまらないこともあるので注意が必要です。

14歳
腎がどんどん発達していくがまだ未熟。生理活動も不安定。

21歳
腎が充実し、女性としての体が出来上がる。妊娠もしやすくなっていく。

28歳
腎の活動がピークに達する。生殖機能が充実し、女性ホルモンも盛んになる。

35歳
腎が衰え始め、肌艶や髪の艶が衰え始める。生殖能力も低下し始める。

42歳
腎の働きがさらに低下し女性ホルモンも減少する。しわ、白髪なども目立つことに。

49歳
閉経を迎える。女性ホルモンの値が激減する。更年期障害が出やすくなる。

このように7の倍数で考えると女性は21歳~28歳がいわゆる女子力のピークとなり35歳あたりから不調が見え始めます。

そういう意味では35歳くらいからは服用を始めると良いでしょう。

では、21歳~28歳は必要ないのかというとそうでもありません。

現代人は過労や睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスが重なり腎が最盛期を迎える年代にもかかわらず腎が弱い女性が多いのです。

漢方には『人の老化は腎の老化』という言葉もあり、もともと腎が強い人は老化しにくい傾向があります。

21歳~28歳の間に腎が十分に強くならないと、35歳以降に急激な弱りを感じるようになります。

そういう意味でも『若いから大丈夫』と思わず、21歳過ぎたくらいからは少量でも女子力アップ漢方は初めて良いでしょう。

まとめ!

女子力アップ漢方は21歳過ぎたら少量からでも始めましょう。
35歳過ぎたあたりからは体質なども考慮してしっかりと始めると良いでしょう。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter