貴央先生の漢方ブログBLOG

5月病が起こる人、起こらない人

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

GWいかがお過ごしでしょうか?

私は3~6日までお休みをいただき、今日から仕事再開です。

GW明けとなると、気になるのが【五月病】ですよね。

テレビのインタビューでも
・仕事行きたいくないですねぇ
・なかなか、仕事モードになれないです
なんて、答えている人を見かけました。

なぜ五月病が起こるのか、そのキーワードは【気の緩み】です。

漢方において『気』は【心と体を動かすエネルギー】のような存在です。

そのため、気が不足すると
・気持ちが弱い
・気力が沸かない
・気丈に振舞えない
・やる気がない
・気配りができない
などの状態になります。

2~4月は季節の変わり目、職場の変化、人間関係の変化が大きく何かと【気を張る】事が多く、気の消耗も大きいです。

張り続けた気が連休で緩むのですが、その際に『気の回復』を怠ると、

連休後に『気を張る』ことが出来なくなります。

これが連休後の仕事に対するやる気の低下を招きます。

気が弱く緩んだ状態では良い仕事はできません。

 

連休でたくさん遊びたい気持ちはよく分かります。

が!しっかりと睡眠をとり、特に夕食を消化の良いものにするなど、内臓の疲労を回復することに努めることが重要です。

今日明日でGWは終わりです。

月曜日から気持ちよく気力溢れる仕事をするためにも、今日と明日は消化の良い食事と十分な睡眠を心がけてくださいね。

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter