貴央先生の漢方ブログBLOG

運動習慣を持ちたいけど、疲れて継続できない人にお勧めの漢方薬

こんにちわ、天明堂薬局の中山です

 

みなさん、筋トレ頑張っていますか?私は今朝は脚のトレーニングでした。

脚は大きな筋肉がたくさんあるので成長ホルモンをガンガン出すにはぴったりですね!

 

 

さて、前回は筋肉を効率よくつけるための漢方薬として主に胃腸機能を高めるような漢方薬をご紹介させていただきました。

今回は、疲労が溜まらないようにするためにお勧めの漢方薬をご紹介したいと思います。

 

そもそも筋トレはざっくりいえば「筋肉繊維を破壊する行為」なわけですから、体にとってはかなり負担(ストレス)です。

当然筋トレをすれば肉体は疲労します。

 

疲労が蓄積されれば、肉体的な疲労はもちろんの事、精神的な疲労にもつながるため、「筋トレしたら疲れてやる気が出ない…」なんて事にもなりかねません。

しっかりと疲労を回復して疲れがたまらないような工夫が必要です。

疲労を回復するためには質の良い十分な時間の睡眠が必要になりますが、そこにプラスして疲労を回復するような漢方薬を合わせてあげるとさらに効果的です。

 

今回はそんな代表的な漢方薬をご紹介したいと思います。

 

①麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

この処方は、人参、五味子、麦門冬、というたった3種類の生薬から構成されています。

人参→元気をつける

五味子→体を引き締める

麦門冬→体に潤いを補給する

というわけで、「汗をかくような運動をする人」「潤いが不足しがちな年配の方」「暑い場所で運動する人」にはとてもぴったりです。

第3類医薬品ということもあり、誰にでもお勧めしやすく「疲れたらとりあえず麦味参顆粒」っていうくらい気軽に使っても良いですね。

 

 

②冠元顆粒(かんげんかりゅう)

血液サラサラ、瘀血改善の代表的な処方である冠元顆粒ですが、実は疲労の蓄積対策にも良いです。

そもそも運動すると活性酸素が体内に発生します。活性酸素は、「体のサビ」とも称されるもので、老化の原因としても注目されてます。

活性酸素には強い酸化作用があり、細胞を傷つけてしまいます。傷つけられた細胞からは老廃物が発生しその蓄積が「疲労感」を起こさせます。

冠元顆粒の構成生薬である「丹参(たんじん)」は強い抗活性酸化作用があることが研究でわかっており、老化予防や疲労蓄積予防にもお勧めです。

「老化も気になるし、疲労も抜けにくい、血流も改善したい」そんな方に冠元顆粒、良いと思います!

 

他にも疲労にお勧めの漢方薬や健康食品はたくさんありますから、自分に合ったものを選ぶためにも、ご相談の上、お試しください!

筋トレは成長ホルモンとハッピーホルモンを出してくれる素晴らしいトレーニングです。

でも、疲れちゃったら続かないし、やる気も出ないですし、効果も出にくいですよね

頑張ってトレーニングしたらしっかりとアフターケアもしてあげてくださいね!

 

 

私が筋トレ前に必ず飲む漢方薬コンビ

 

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter