貴央先生の漢方ブログBLOG

風邪の季節に服用したいお守り漢方薬

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

寒暖差が激しくなり鼻水や咳、発熱など、風邪に症状が目立つ季節となりました。

コロナの影響でうがい・手洗い・マスクなど予防意識が高まってますが、過労や睡眠不足、不摂生などで免疫力が弱っている人も多いです。

漢方の世界では免疫力に近い考え方に衛気と呼ばれるものがあります。
衛気は気の一種であり、衛気がしっかりとあれば風邪に襲われても体調を崩さないと考えます。
気が不足した状態、例えば
・気持ちが弱い
・気力が沸かない
・気丈に振舞えない
・気分が良くない
・気配りができない

などがあれば、気の不足が考えられます。

気をしっかり補うことは、毎日を元気に過ごすだけでなく風邪対策にもつながるというわけです。

漢方薬では玉屏風散がとても有名です。
『玉』には『素晴らしい』という意味があり、玉屏風散とは『体の周りに素晴らしい屏風をたてる』という意味があります。
まさに邪気が襲ってきても身を守ってくれる存在を高めるという事です。

玉屏風散はほのかに甘味があり老若男女を問わず服用がしやすい処方です。
日々の健康づくりに、風邪対策に、玉屏風散を用いるのも良いでしょう。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter