貴央先生の漢方ブログBLOG

生理痛に対する漢方:冷えからくる生理痛には鎮痛剤より補血活血薬を

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

 

今日からまた寒波が来るみたいですね。

寒い毎日に嫌気がさしている方も多いのではないでしょうか?

 

冷えは体に様々な不調をもたらしますが、特に冷えからくる生理痛というものも女性の悩みとなっています。

生理痛なら鎮痛剤を飲めばOK!

という考えももちろんありですが、それでは根本的な改善にはなりません。

冷えが強く、生理痛も強いのであれば、体を温め血流を良くする漢方薬を飲むのがお勧めです。

 

というのも、中医学や漢方の世界には

『不通則痛(ふつうそくつう)』

というとても有名な考え方があります。

 

これは『流れが悪い場所は痛みを起こします』という意味で、気血の巡りが悪いと痛みを起こします。

 

冷えは凝滞と言って気血の巡りを悪くする作用があるため、冷えは痛みととても深いつながりがあるのです。

 

薄着をしない、肌を見せない、というのは当然の事ですが、体の中から温めるというのもとても重要なんですね。

そのためには運動をする、ゆっくりと入浴する、十分な睡眠をとるというのが生活の基本養生です。

 

しかし、それでも冷えや生理痛に悩まされているのであれば、漢方薬の出番です。

 

補血活血薬は字のごとく質の良い血を作り血流を良くするお薬を指します。

具体的な処方内容は体質によって変わることがありますので、服用の際は必ず相談してくださいね!

 

まだまだ寒さが続きます。

寒い時期だからこそ漢方薬の冷え&生理痛改善Magicを体験してみてはいかがでしょうか?

 

天明堂薬局は1時間に1組の完全予約制漢方相談薬局です。

ご予約はこちらから

ご予約内容の選択|天明堂薬局 (airrsv.net)

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter