貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方で妊活。まずは生理の○○に注目して!

こんにちは、天明堂薬局の中山です。

 

妊活のご相談の中で経血の状態をお聞きするのですが、ほとんどの方に当てはまる『良くないこと』があります。

それが

①経血がドロッと固まり状に出てくる

②色がどす黒い

③痛みが強い

 

どうでしょうか?当てはまりませんか?

 

なぜ①~③が良くないのかというと、これらの症状は中医学的に

瘀血

が考えられるからです。

 

瘀血とは、現代医学でいうところの血行不良に近い考え方です。

私たちは口にした栄養素を血流によって運び、また体の中で発生した老廃物は血流によって運搬されると考えています。

 

そのため、瘀血の状態の人は全身に栄養が運搬されにくく、また老廃物も溜まりやすくなる

と考えらえます。

 

質の良い卵を作るためにはどれだけ卵巣に栄養のある血が流れ込むかが重要になります。

そのため、中医学では女性の生殖器官を

『血海(けっかい)』

と呼ぶこともあり、生殖機能と血の関係性を特に重要視しています。

 

また①~③の条件は生理不順などの婦人病の引き金になる事も多いため、まだ妊活をしていない人でも改善しておく必要があります。

ぜひ毎月の生理を注目してみましょう。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter