貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方養生:暑くなってきたからこそ、胃腸の弱りにご用心

今日のお話は五臓の中の「脾」に関するものです。

 

脾ってなんでしょう?

簡単にイメージするなら「体の消化器系の中心」とでも言いましょうか。

 

僕らは食べたもののカロリーと栄養で健康的で活動的な毎日を送ります。

食べたもの消化しエネルギーや栄養に変換するのが「脾」というわけです。

 

つまり、「脾が弱る→食べ物からエネルギーや栄養が作れない→疲れやすく、肌や髪などの栄養上状態が良くない」

という流れになります。

 

毎日を健康にそして若々しく生活するためには脾の働きがとても重要だということです。

 

しかし、現代人は脾を酷使しがちです。

脾は冷やされること、過剰な水分を取ることを嫌がります

 

もしあなたの舌に苔がべったりと生えていたらそれは「過剰な水分」の表れかもしれません。

 

暑くなると冷たい飲食や夏野菜を食べる機会が増え、「冷たくて噛まなくてもよい食事」がテレビで「流行」と放送されるなど、

脾を悪くする傾向が多いです。

 

夏を元気に明るく過ごすためにもお腹を冷やさないように気をつけましょう。

 

もしも、冷たい物を飲食してしまう場合は必ず「食後に温かいお茶を飲むこと」

これだけでもきっと脾は喜んでくれますよ。

 

脾を元気にして心身ともに元気な毎日を過ごしていきましょう!

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter