貴央先生の漢方ブログBLOG

漢方 生理痛改善は「痛みのタイプ」が重要です。

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

今日は生理痛に関するブログです。

生理痛は生理時に伴う痛みですが、「痛みの種類によって原因が違う」ということをご存知ですか?

キーワードは
「不通則痛」と「不栄則痛」です。

ちょっと難しい印象がありますよね。

簡単に書くと

不通則痛→気血の流れが悪い場所が痛む
不栄則痛→気血が不足していると痛む

です。

不通則痛の痛みの特徴は刺すような痛みで比較的痛みが強いのが特徴です。
不栄則痛の痛みの特徴はシクシクとした痛みで鎮痛剤を服用するかどうか迷う程度の痛みです。

生理初日から二日目にかけて表れやすいのが不通則痛
生理後半に出てくるのが不栄則痛
です。

不通則痛は気血の巡りが悪いことが原因なので、その原因として挙げられるのが
・運動不足
・冷え
・ストレス
になります。

不栄則痛は気血が不足していることが原因なので、その原因として挙げられるのが
・胃腸虚弱
・食事制限
・過労
になります。

生理初日から強い痛みがあり、生理後半もシクシクとした痛みがあるようであれば、不通則痛・不栄則痛の両方が発生していることになります。

 

改善方法はシンプルで
・不通則痛→気血を巡らせる漢方薬&運動、入浴、睡眠、温活
・不栄則痛→気血を増やす漢方薬&お腹を冷やさない食事、ダイエットの中止
となります。

生理痛は痛みのタイプによって改善方法が異なります。

鎮痛剤でやり過ごすことも一つの手段ですが、生理痛のタイプを知り「改善」することも試してみてほしいですね。

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter