貴央先生の漢方ブログBLOG

陰気な季節こそ『運動』が大切

こんにちわ、宇都宮市・天明堂薬局の中山です。

先日、栃木県宇都宮市にある『こども科学博物館』の変わり種自転車に乗りに行きました。
二人乗りの自転車やジャンプしながら進む自転車などいろんな自転車があって、
子供も大人もみんな楽しめました。

一周するのもなかなかの距離があって、頑張って一周すると汗ばむくらいでした。
本当にいい運動になりました。

さて、運動は健康により、ということは周知の事実ですが、漢方的に読み解くと秋冬のような陰気な季節ほど運動習慣を持つことが大切であることが分かります。

そのキーワードが『気血船同』です。

これは
・気の巡りと血の巡りは比例する
という意味です。

現代風に分かりやすく書いてみると
・ストレスを発散すると血流が良くなるし、血流が良くなるとストレスの発散にもなる
ということです。

逆を言えば、
・ストレスを抱えていると血流が悪くなる
・血流の悪い人はストレスを感じやすくなる

とも言えます。

秋冬は1年の中でも『陰気な季節』とされているため、ストレスを感じやすく、血流も悪くなる季節です。

そのため、気血の巡りを改善する運動は、この時期を健康に過ごすとても大切な事と言えます。

デスクワークが続く人や血流が悪い人は少し席を外して散歩をしてみると良いでしょう。

漢方薬にも血流を良くするもの、ストレスを緩和させるものがあります。
しかし、日々の生活面で改善できればそれに越したことはないですし、漢方薬を服用しながら生活面を改善していくと体調の改善もより早くなります。

秋冬を鬱々としないためにもほんの少しの『運動時間』を設けてくださいね!

こども総合科学館 HP
栃木県子ども総合科学館 (t-csm.jp)

中山 貴央

中山 貴央先生

薬剤師 / 国際中医専門員 / 薬膳コーディネーター

子宝相談、婦人科相談、美容相談を専門としています。
唯一無二の自分の心と体、そして人生だからこそ根本から改善できる漢方を試していただきたいと思っています。

Twitter